源氏香・香の図
(桐壺)
東屋 椎本 匂宮 鈴虫 若菜上 藤袴 常夏 玉鬘 松風 澪標 賢木 末摘花 帚木
浮舟 総角 紅梅 夕霧 若菜下 真木柱 篝火 初音 薄雲 蓬生 花散里 紅葉賀 空蝉
蜻蛉 早蕨 竹河 御法 柏木 梅枝 野分 胡蝶 朝顔 関屋 須磨 花宴 夕顔
手習 宿木 橋姫 横笛 藤裏葉 御幸 乙女 絵合 明石 若紫
(夢浮橋)
源氏香について
【組香とは?】
数種の香を聞き分ける香遊びが「組香」です。(香道では香りは「嗅ぐ」ではなく「聞く」と表現します)
組香は、和歌や物語などの主題によって香りを組む、文学と深い繋がりを持つ遊びです。
その代表的なものに「源氏香」があり、江戸時代に流行しました。

【源氏香遊び】
使用される香は5種類で、各5包づつ、合計25包を用意します。
香元は、任意に選んだ5包を順に焚いていきます。連衆は記紙に5本の縦棒を書いておき、
(右から左に向かって1.2.3・・・番目の香を表している)焚かれていく香を聞き、同じ種類の香と
判断した縦棒どうしを、横棒でつなぎます。
例) 1、4番目が同じ香、2、3、5番目が同じ香 → 「須磨」
25包の香を5包づつ聞くので5回繰り返して行われ、こうして出来あがった図案を源氏物語の巻名で答え、
正解率を競います。

【源氏香図】
組み合わせのパターンは52通りあるので、源氏物語の54帖のうち、第1巻の「桐壺」と最終巻の「夢浮橋」を
除いた52帖の巻名が、それぞれの図案に付けられています。(上の図・表 参照)


あひろ屋のトップページへ

Copyright(C)2001-2016 AHIROYA